プロミスATM店舗

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 審査完了後
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

プロミスが審査で重視しているポイントは?

プロミスでは20歳から60歳の安定した収入のある人が貸し付けの条件と明記されています。安定した収入の中にはアルバイトやパートでの収入も含まれていますので、学生や主婦でも借り入れ可能という理由の中にはこれらの収入がある人ということに限られているものです。

 

さてそんなプロミスではどんな審査があるのか気になるでしょう。もちろん審査の条件というのは機密情報になりますので一般的に知られているものではありません。それでも過去の統計を基にした推測は立てることができます。

 

プロミスの審査の重点となるもの、それは「信用情報」です。他社からの借り入れ、過去の借り入れの履歴、そして金融事故がないかどうかということが大きく問われるのがプロミスです。

 

他社からの借り入れは借り入れ総額よりも借り入れ件数が重視されます。例えば総額の借り入れが300万円だったとしても、借り入れ件数3件からで300万円の場合と、借り入れ件数4件からの場合とでは審査の影響が変わってきます。

 

どういうことかご説明しましょう。一社からの借入限度額が100万円とします。3社であれば限度額いっぱいになりますのでこれ以上の他社からの借り入れが増えることはないでしょう。

 

しかし4社であれば借り入れ限度額が100万円で4社になりますのでそこには100万円の余裕があることになります。余裕はつまり借入可能額です。現在は300万円の借り入れ総額だとしても、今後は400万円にまで増える可能性があるということです。

プロミスとアコムならどっちで借りるべきか?

借り入れまでの審査時間の短さで、キャッシング先を消費者金融にしようと決めた方もどこの消費者金融がよいのかで困っていませんか?消費者金融でもトップといってもよいプロミスとアコム、借りるならどっちを選ぶとよいのでしょうか。

 

プロミスの最大の特徴は、金利の低さでしょう。プロミスの金利幅は、4.5%〜17.8%の実質年率となっています。比較してアコムの金利幅は4.7%〜18.0%となっています。(アコムカードローンでの金利となり、アコムクレジットカードでのキャッシング金利は違ってきます。)

 

また、無利息サービスもプロミスは、プロミスポイントサービスにお申込された方が対象に行われています。一方のアコムでは、無利息は期間限定のサービスとなっています。いずれも無利息になるためには条件があるのですが、プロミスではポイントサービスへの加入ということになっています。

 

プロミスのポイントサービスは、ポイントを貯めることでプロミス以外の提携ATMを利用した時の手数料に充当することができる大変お得なサービスとなっています。また、ポイントサービスに申し込みをしたタイミングで無利息期間のスタート時期が変わります。

 

ちなみにアコムの無利息サービス利用にも条件がありますが、返済期間を35日ごとに設定しなければならないなど、少し使いにくいと感じるかもしれませんね。

 

どこで借りるかを決める時に迷ったらやはり金利という方は多いでしょう。ほんの0.1%の違いも、いざ返済という時には大きな違いとなって響いてくるでしょう。